友情

21 - 40 ( 54 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 / 次→ ]


友情は愛と同じく、わずかの途切れによって強まるかもしれないが、永い不在によって破壊される。

サミュエル・ジョンソン 「怠け者」


友情は永続的なものの感情を与え、恋愛は永遠的なものの感情を与える。しかも、両者ともあとに残るものはエゴイズムだけである。

レニエ 「半面の真理」


友情は瞬間が咲かせる花であり、時間が実らせる果実である。

コッツェブー 「イギリスのインド人」


友情は知恵に基づく。したがって、神こそ、真実で永遠な友情の原理であり、基礎である。

ツヴィングリ (説話)


友情は神の楽園の中でも実を結ぶのが一番おそく、長い年月を経てようやく熟する果実である。

エマーソン


友情は翼のないキューピットである。

バイロン 「怠惰の時」


友情は魂の結びつきである。

ヴォルテール 「哲学辞典-友情」


友情関係は同等関係である。

カント 「友情について」


婦人にはあまりにも永い間、暴君と奴隷とがかくされていた。婦人に友情を営む能力のないゆえんであって、婦人の知っているのは恋愛だけだ。

ニーチェ 「ツァラトゥストラ」


少なくとも強い友情というものは、ある不信と低抗とから始まるのが自然らしい。

アラン 「精神と情熱とに関する八十一章」


年を経るごとに新しい友人を得ることができないと、必ず孤独に悩まされるようになる。常に友情の手入れを怠らぬことだ。

サミュエル・ジョンソン


快楽の蜜の甘さは、はかない数分しかつづかないが、友情の幸いは生涯を通じて心の糧となる。

ビュルガー 「ゴルコンデの王妃」


恋は野バラの木、友情は柊の木。野バラの花咲くときは、柊の花は色を失う。だが、どちらが四六時中咲いているだろうか。

ブロンテ 「恋愛と友情」


恋愛と友愛は互いにしりぞけ合う。

ラ・ブリュイエール 「人さまざま」


恋愛は人を強くすると同時に弱くする。友情は強くするばかりである。

ボナール 「友情論」


愛が主人であり、友情が訪問客であるあらゆる家庭は、まさに「楽しきわが家」と呼ぶにふさわしい。なぜなら、そういう家庭でこそ心の疲れが休まるからだ。

ヘンリー・ヴァン・ダイク


時間は友情を強めるが、恋愛を弱める。

ラ・ブリュイエール 「人さまざま」


最もやさしい友情と、最も強い憎しみとは、親しみの結果から生ずる。

リヴァロール 「選集」


最も強い友情は類似から生まれ、最もはげしい恋は背反から生まれる。

クーランジュ夫人 「語録」


男女たちの友情は、音楽とそれを産み出す楽器との関係です。男女間の友情は音楽です。

モンテルラン 「若き娘たち」


21 - 40 ( 54 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ