モンテーニュ

41 - 51 ( 51 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 / ]


私は明白な不正を陰険な不正ほどには、また戦争の不正を平和の不正ほどには憎まない。

モンテーニュ 「随想録」


私は農民を愛する。というのは、彼らは曲がった判断をくだすほど学問を持っていないからだ。

モンテーニュ 「随想録」


精神が満足するのは、それが萎縮しているか、疲労しているかのしるしである。高貴な精神は自己の裡にとどまらない。それはつねに自分の能力以上を望んで進んでいく。

モンテーニュ 「随想録」


臆病は残酷性の母である。

モンテーニュ 「随想録」


自然はやさしい案内者である。賢明かつ、公正で、しかもやさしい。

モンテーニュ 「随想録」


諸君は、生きれば生きるだけ諸君の生を減らす。それだけ生の毀損になる。諸君が生命の不断の営みは、すなわち死の建設である。

モンテーニュ 「随想録」


賢者が愚者から学ぶことのほうが、愚者が賢者から学ぶことより多い。

モンテーニュ 「随想録」


賢者は自然の富を熱心に求める。

モンテーニュ 「随想録」


身分にふさわしくない特性によって、人を称讃しようとするのは、その特性自体は称讃すべきものであっても、やはり一種の侮辱である。

モンテーニュ 「随想録」


運命は理路整然である点において、人間の知恵がおしたてた規則を見事に凌駕している。

モンテーニュ 「随想録」


食べているうちに食欲は起こるものだ。

モンテーニュ 「随想録」


41 - 51 ( 51 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 / ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ