ニーチェ

61 - 78 ( 78 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 4 / ]


犯罪者は犯罪のゆえに苦しまず。恥辱のゆえに、なされた愚行に対する立腹のゆえに、常習になったもののないことのゆえに苦しむ。

ニーチェ 「曙光」


生きるとはなんのことか…生きるとは…死にかけているようものを、絶えず自分から突き放していくことである。

ニーチェ 「華やかな知識」


男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない。

ニーチェ 「人間的な、あまりに人間的な」


男の幸福は「われ欲する」ということであり、女の幸福は「彼欲する」ということである。

ニーチュ 「ツァラトゥストラ」


私の真理は怖ろしい。というのは、今まで嘘が真理と呼ばれてきたのだから、あらゆる価値の価値転倒…これが私の方式だ。

ニーチェ 「このひとを見よ」


私はお前たちに超人を教える。人間は超克さるべき何物かである。お前たちは人間を超克すべく何ごとをなしたか? 超人は大地の意義である。

ニーチェ 「ツァラトゥストラ-序」


私はキリスト教に対するこの永遠の弾劾を壁という壁、壁さえあればどこでも書き付けたい。私は盲目でも読める文字を持っている。私はキリスト教を一大呪詛と呼ぶ。

ニーチェ 「反キリスト」


私は人間ではない。私はダイナマイトだ。…私は宗教的な人と接触したあとでは手を洗わずにはすませない。

ニーチェ 「この人を見よ」


科学者が天才視されないのは、単なる理性の児戯にすぎない。

ニーチェ 「人間的な、あまりに人間的な」


脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮していくことをさまたげられた精神も同じことである。それは精神であることをやめる。

ニーチェ 「曙光」


自己の思想を氷の上へおくことを心得ていたい人は、論争の熱の中へ身を投じてはいけない。

ニーチェ 「人間的な、あまりに人間的な」


芸術…芸術こそ至上である! それは生きることを可能ならしめる偉大なもの、生への偉大な誘惑者、生の大きな刺激である。

ニーチェ 「権カヘの意志」


苦しみをともにするのではなく、喜びをともにすることが友人をつくる。

ニーチェ 「人間的な、あまりに人間的な」


血と格言をもって書く者は、読まれることを望まず、暗誦されることを欲する。

ニーチェ 「ツァラトゥストラ」


論争に応ずる場合には、双方にとっていちばん不愉快なやり口は、立腹して黙っていることである。というのは、攻撃者側は、一般的に沈黙を軽蔑のしるしと考えるからである。

ニーチェ 「人間的な、あまりに人間的な」


道徳的理想の勝利は、他のいずれの勝利と同じく、「非道徳的」手段によって、つまり暴力・虚言・誹謗・不正によってえられる。

ニーチェ 「権カヘの意志」


霊魂は肉体が衰え、いまわしくなり、飢えることを欲した。こうして肉体と地から脱れようと思った。哀れ、その霊魂こそ痩せ、いまわしくなり、飢えたのだ。

ニーチェ 「ツァラトゥストラ-序」


高さがいるから階級が必要なのであり、階段とそれを登っていく人たちの矛盾が必要なのだ!人生は登ろうとする。登りながら自己を克服しようとするのである。

ニーチェ 「ツァラトゥストラ-二部」


61 - 78 ( 78 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 4 / ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ