ダンテ

21 - 29 ( 29 件中 )  [ ←前 / 1 2 / ]


汝らは獣のごとく生くるためつくられたものにあらず、徳と知識を求めんがためなり。

ダンテ 「神曲-地獄編二六曲」


汝努めて怠惰に勝たざるべからず、それ軟毛のうえに坐し、ふすまの下に臥して、しかも美名をうるものはなし。

ダンテ 「神曲-地獄編」


熱に応じて己れを与う、されば愛の大なるに従いて永劫の力いよいよそれに加わる。心を天に寄する民いよいよ多ければ深く愛すべきものいよいよ多く、しかして彼らの互いに己れを映すこと鏡に似たり。

ダンテ 「神曲-浄火編一五曲」


真の信仰は、永久の国の使者たちに播かれ、すでにあまねく世に満ちたり。

ダンテ 「神曲-浄火編二十二曲」


自然の愛はつねに誤らず、されど他はよからぬ目的または強さのすぐるか、足らざるによりて誤ることあり。愛第一の幸いをめざすか、ほどよく第二の幸いをめざす間は不義の快楽の因たるあたわず。

ダンテ 「神曲-浄火編一七曲」


自然は神の芸術なり。

ダンテ 「断片」


自負・嫉妬・貧欲は、人の心に火を放てる三つの火花なり。

ダンテ 「神曲-地獄編六曲」


芸術は生徒がその師を手本にするごとく、万能な限り自然に従う。

ダンテ 「断片」


苦き物いかにして甘き種より出ずるや。

ダンテ 「神曲-天堂編八曲」


21 - 29 ( 29 件中 )  [ ←前 / 1 2 / ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ