ゲーテ

61 - 80 ( 81 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 4 5 / 次→ ]


立法者にしろ、革命家にしろ、平等と自由を同時に約束する者は空想家でなければ山師である。

ゲーテ 「格言と反省」


結婚生活はすべての文化の始めであり、頂上である。それは乱暴者をおだやかにするし、教養の高い者にとっては、その温情を証明する最上の機会である。

ゲーテ 「親和力-一部」


義務の重荷からわれわれを解放することのできるのは、良心的な実行のみである。

ゲーテ 「ヴィルヘルム・マイステル」


翻訳者とは、半分しか姿を見せていない美人を愛嬌たっぷりと、われわれに向ってほめそやす仕事熱心なたいこもちである。

ゲーテ 「格言と反省」


自分の知っていることは自慢し、知らないことに対しては高慢にかまえる者が少なくない。

ゲーテ 「格言と反省」


自分自身を知るのは楽しんでいる時か悩んでいる時だけだ。

ゲーテ


自然は絶えずわれわれと語るが、その秘密を打ち明けはしない。われわれはつねに自然に働きかけ、しかも、それを支配するなんらの力もない。

ゲーテ 「自然に関する断片」


自由でないのに、自由であると考えている人間ほど奴隷になっている。

ゲーテ 「格言と反省」


自由も生活も、これをかちとろうとする者は、日ごとに新しく闘いとらねばならない。

ゲーテ 「ファウスト」


花を与えるのは自然。編んで花環にするのは芸術。

ゲーテ 「詩集」


若い娘が学ぶことを、若い男が教えることを、愛する場合に結ばれる青春時代の友情は、ひとつの美しいことがらである。

ゲーテ 「若きヴェルテルの悩み」


苦しみが残していったものを味わえ!苦難も過ぎてしまえば甘美だ。

ゲーテ 「格言」


蚕はつむぎながら、だんだん死に近づくとしても、糸をつむがずにはおられましょうか。

ゲーテ 「タッソー」


行動する者は、つねに没良心である。省察する者以外、誰にも良心がない。

ゲーテ 「格言と反省」


言論の自由を呼号するのは、それを濫用しようとする人間のみである。

ゲーテ 「格言と反省」


詩とは成熟した自然であり、哲学とは成熟した理性である。

ゲーテ 「格言と反省」


賢い人々はつねに最高の百科全書である。

ゲーテ 「格言と反省」


賢者にまるで過ちがなかったとしたら、愚か者はまったく絶望するほかはないだろう。

ゲーテ 「箴言と省察」


身分不相応の生活をする者は馬脚を現わす。

ゲーテ 「韻文による格言」


迷信は能力的な、巨大な前進的性格の遺産であるが、不信仰は弱者の、卑怯者の後退し、束縛せられた連中の所有物である。

ゲーテ 「色彩学」


61 - 80 ( 81 件中 )  [ ←前 / 1 2 3 4 5 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ