人生

生死 運命 幸運・不運
幸福・不幸 成功 失敗

1 - 20 ( 127 件中 )  [ / 1 2 3 4 5 6 7 / 次→ ]


「われ存す」ということが不断の驚きであるのが、つまり人生である。

タゴール 「迷える鳥」


あらゆる人間の闘争のうちで、男の芸術家と母としての女の闘争ほど残忍・悲惨なものはない。

バーナード・ショー 「人と超人」


あらゆる芸術の首位にある崇高な芸術である人生は、正寿と寛容をもってともに暮らす仕方である。

ヘンリー・ウォード・ビーチャー 「プリマス説教の格言」


いかに生きるかを学ぶには全生涯を要す。

セネカ 「書簡集」


この世はひとつの劇場にすぎぬ。人間のなすところは一場の演劇なり。

クリソストムス 「断片」


この世界の広々とした戦場で、この人生の野営陣地で、家畜のように、ただ黙々と追われていないで、敢然として闘う英雄になろう。

ロングフェロー 「人生の歌」


この人小劇場において、観客たるべき神と天使のためにのみ勢力を蓄えておくべきなり。

ピタゴラス 「断片」


すでに生きてきたほうの人生が、つまり下書きであって、もう一つのほうが清書だったらねえ。

チェーホフ 「三人姉妹」


すべての人間の一生は、神の手で描かれたお伽話である。

アンデルセン 「童話集」


もしも私が再びこの人生をくり返さねばならないとしたら、私のすごしてきた生活を再びすごしたい。過去を悔まず、未来を怖れもしないから。

モンテーニュ 「随想録」


もろもろの事物のうえに張られた、成長する輸の中で私は自分の生を生きている。おそらく私は最後の輪を完成はすまい。だが、私はそれを試みたいと思っている。

リルケ 「時祷集-僧院生活の巻」


ゆく河のながれは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつむすびて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人と栖と又かくのごとし。

鴨長明 「方丈記」


わが行く道に茨多し されど生命の道は一つ この外に道なし この道を行く

武者小路実篤 「人生の言葉」


われわれは人生という大きな芝居の熱心な共演者だ。

カロッサ 「指導と信徒」


われわれは泣き叫びながら生まれ、苦しみながら生き、失望して死ぬ。

フラー 「グノモロジア」


トボトボ歩きが競争に勝つ。

イソップ 「寓話」


ランプがまだ燃えているうちに、人生を楽しみ給え。しぼまないうちに、バラの花を摘み給え。

ウステリ 「詩」


一歩一歩はい上がるのは冒険家ではなくて、幸福を追っかけている男のすることだ。人生はとるに足りない夢だ。いつかは消え去ってしまうのだ。

ナポレオン


一生に一度も親切な行為をせず、人に真の喜びを与えず、人助けもしないで過ごすことは、老後の人生を美しく照らしてくれる、楽しい記憶を手に入れそこなうことである。

ジョン・ワナメーカー


三宝とは何たるやといふに、第一に健康、第二に知識、第三に富有の三つのものなり。

西周 「人世三宝説」


1 - 20 ( 127 件中 )  [ / 1 2 3 4 5 6 7 / 次→ ]


偉人 人生
生活 家庭 人間 人間関係
感情 理性 性格・態度 学問
政治 経済・経営 国家 社会
道徳 宗教 自然 職業

このページの先頭へ